妄想人物名鑑【佐藤 映見の場合】

スポンサーリンク

 

拾ってきたフリー画像の人物をもとに、
まつなしの妄想だけで脚色する『妄想人物名鑑』。
すべてまつなしの考えたフィクションです。

 

 

松梨:こんばんは、佐藤さ、、あれ、もう飲んでるんすか?早いっすよ〜

佐藤:やっと来た!遅いよ、ほら、早く座んなよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

氏名:佐藤 映見(さとう えみ)
性別:女性
年齢:29歳
出身:静岡県
職業:食品メーカーの営業企画主任

ーーーーーーーーーーーーーーー

松梨:主任になってから、やっぱり仕事忙しいんですか?

佐藤:そりゃそうよ、主任よ主任。毎日胃がちぎれそうだっての!

松梨:ストレスですよそれ。気をつけてくださいね。
そもそも佐藤さんって、なんで食品メーカーに入られたんでしたっけ?

佐藤:そうねー、、、
松梨くんてさ、人生の中で忘れられない味ってある?

 

そう言って彼女はジョッキのビールを飲み干した。

ーーーーーーーーーーーーーーー

20歳の彼女は、イタリアにいた。

海外なんて行ったことなかったし、
イタリア語はおろか、英語もおぼつかない。

だが彼女には目的があった。
ルチアおばさんのピザ、もといピッツァを食べるということだった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

松梨:急に誰なんだよ!ピザでいいよ!

佐藤:まあまあそんなに青筋立てんでもええやん。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ルチアおばさんは、私が小さい頃、長らく文通をしていた人だった。
私が書いた手紙は、いつも父がエアメールで送ってくれていた。

でも、私は幼いながらに気づいていた。
母がいない私を不憫に思った父が、
ルチアおばさんになりきり、私に手紙を書いてくれているのだと。

それに気付きながらも文通を続けていたのは、
純粋にルチアおばさんとのやり取りが楽しかったから。
それが父親かどうかは、当時の私にはそれほど重要なことではなかった。
字は汚かったけれど。そして日本語だったけれど。

頻度はまちまちだったが、それなりに手紙のやり取りは続けていた。

大学進学と同時に、私は親元を離れ、一人暮らしをはじめた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

松梨:けっこう大人びた子供だったんすね。
でもそしたら、イタリアに行っても、ルチアおばさんいないですよね?

佐藤:そうそう、それはね、、

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

”あなたももう20歳になるのね。
イタリアに来ない?美味しいピザ、もといピッツァをご馳走したいわ”

久しぶりに連絡が来たのは、19歳の秋だった。
相変わらずの汚い字が並んでいた。

”私が20歳になるからって、お祝いでもしてくれるつもりなのだろうか”
”別に悪い気はしないし、行ってみてもいいか”

そんなことを心の中で呟きつつ、本当はとても嬉しかったことを覚えている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

松梨:ほうほう、それでイタリアに。

佐藤:行くんですねー。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

20歳になった私は、イタリアにいた。
待ち合わせ場所まで、春の陽気で満たされた街並みを歩く。

 

待ち合わせ場所に着くと、
幼い頃から見慣れた初老の男性が、こちらを見て微笑んでいた。

 

”もっと驚いてもいいんじゃないか”
父はそう言った。

”ずっと知ってたよ”
私は応えた。

”ピザ、もといピッツァがもうすぐできるんだ”

”ピザでいいよ”

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

松梨:ピザでいいよ、をここで被せる高等テクニック!
みなさん気付きましたか?

佐藤:誰と話してんの?笑

松梨:愛すべき読者ですけど。
ていうか、結局ルチアおばさんって何者だったんですか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

”ルチアおばさんって何者なの?”

 

”お前のお母さんだよ”
ピザを食べる手を止め、父は言った。

 

私の母は、私が物心つく前に病気で亡くなったと聞いた。
それは本当だった。

”お母さんが亡くなる前に、お前に手紙を書いたんだよ。
成長したお前とコミュニケーションを取りたいって。
なんとなく、自分に先がないことが分かってたんだろうな”

”お母さんの名前、ひかりっていっただろ?
イタリア語でルチアは、光って意味なんだよ。知ってた?
お母さんなりのシャレだな”

 

いつしか、ピザを食べる手が止まっていた。

 

”でも、お母さんは一通しか手紙を書けなかった。
その後すぐ、いなくなってしまった”

 

”お前がなんとなく文字を理解できるようになったとき、
お母さんから預かっていた手紙を見せてみたんだ。
お前、とても喜んでなあ、、
それを見て、手紙のやりとりを続けてみたくなったんだ。
それからのルチアおばさんは、僕だ”

 

父は、たばこをふかしながら続ける。

 

”お母さん、イタリアに留学してたことがあるんだよ。
その時にピザ、もといピッツァ屋さんでアルバイトをしていたらしい”

”今日作ったのも、昔お母さんから教えてもらったレシピなんだ。
お母さんと3人で、20歳のお祝いができるんじゃないかと思ってな、、”

 

涙が止まらなかった。
確かにお母さんはそこにいた。
ルチアおばさんと、ピザもといピッツァは、両親の愛そのものだった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

松梨:なんなんすか、めっちゃいい話じゃないですか。
つまんない。いい話すぎてつまんないですよ。

佐藤:そのとき私は、
「食べ物には思い出が宿る」
「食べ物は思い出を映す」ということに気づいたんだよね。

だから食品メーカーに就職した。いい仕事だよ。

 

松梨:ええ、いい話の応酬じゃないですか、、
イタリアだけに欧州じゃないですか、、

佐藤:しょうもな、、

 

松梨:なんか、ピザ食べたくなってきましたね、、

佐藤:最後の最後でピッツァて言わんのかい。
そういえば近くに、うまいピザ屋があるから行ってみようか。

松梨:佐藤さん、ピザじゃない、ピッツァですよ。

佐藤:裏切られた、、

 

おわり。

 

※この記事はフィクションです。
登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
あしからず。

スポンサーリンク